髪の着色成分ってやっぱり気にしないとダメなのかな

髪の着色成分ってやっぱり気にした方が良いのか?そんなことを暇つぶしに書いてみたいと思います。

 

私もどこかの新聞でたまたま読んだのですが、アレルギー発祥をするタイプのものって着色成分で多いみたいです。

 

後は肌荒れや発ガン性といった具合にのものですね。

私も聞いた中だとジアミン系色素、石油系界面活性剤、洗浄成分で刺激性の強いものなどは本でも髪にとっては良くないと書かれていました。敏感肌になる素になってしまったり、地肌は痒くなったり痛くなったりと言った具合ですね。

ですので、着色成分は絶対気にした方が良いと思います。

特には地肌ってかなり皮脂腺が多いと聞きます。人間の部位って髪が生える部分は特にその部分の肌が弱いから”髪で身を守る防衛本能的なもの”があるということを聞きます。ですので、やっぱりデリケートな部分であることは間違いないと言えます。

これを考えると髪に覆われて隠れてしまっているから軽視しがちですが、髪は顔の肌以上に気を使って保護してあげないといけない部分だという事ですね。これって非常に大事です。

成分は髪を守るために知っておこう

髪に浸ける成分はやっぱり自分を守るために知っておいた方が良いですね。齢重ねて30歳を超えて、白髪が出来始める年齢であると身体が老化してきた予兆であるといえます。

そんな中で髪に刺激の強い物をむやみに使っていたらダメージが蓄積されるのは当たり前。そして、そこからの回復なんていったら非常に時間はかかると思います。

何事もそうですが、”回復させるよりもそうならないように予防すること”のほうがよっぽど楽です。白髪染めの成分は軽視しがちですが、ちゃんと要点を理解しておいた方が得策だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です